月額制の全身脱毛のサービスを利用しよう

月額制の全身脱毛が安いのサービスを利用することで、家計の管理がしやすいことはもちろん、ムダ毛の量が多い人であっても、重点的に施術を受けられるというメリットがあります。
最近では、思う存分施術を受けることが出来る脱毛サロンの魅力について、若年世代の女性の間で話題となることがありますが、特に安全性にこだわりのある脱毛機器が導入されている店舗のパンフレットなどに目を通しておくことで、スムーズに店舗選びを行うことがおすすめです。
一般的に、月額制の全身脱毛のプランが用意されている店舗においては、契約を結ぶ際にカウンセリングを受けることが出来るため、腕利きのスタッフと相談をしながら、具体的な施術中の注意点やアフターケアの方法について話し合いをすることが良いでしょう。
また、月額制のプランの申し込み方については、それぞれの脱毛サロンの方針や顧客側の都合などによって、大きなバラつきが出ることがありますが、実績のある店舗の公式サイトなどを活用しながら、常に新しい情報を集めることが肝心です。
その他、全身脱毛の効果を得られるまでの期間の長さは、個人差に影響を受けることがあるため、継続的に相性の良いスタッフとコンタクトを取ることが重要です。

1回目の脱毛でも脱毛効果は感じられる?

光脱毛やレーザー脱毛を同時に受けたとしても、1回目で脱毛効果を感じることができる方がいれば、そうでない方もいます。
また、5回の照射を行っても、まだ効果に満足できないという方がいれば、ぼちぼち脱毛完了…という方もいます。
では、このような差はどうして現れてくるのでしょうか。

■脱毛効果の現れ方は部位によって異なります
私たちの体毛は、生えている部位によって太さも色素も異なります。
たとえば、最もわかりやすいのが顔の産毛とデリケートゾーンのムダ毛です。
顔のうぶ毛は細く色素が薄いため、光やレーザーの反応が弱く、他の部位よりも多くの照射回数が必要になると考えられますので、その分、脱毛完了までには時間がかかります。
一方で、デリケートゾーンのムダ毛は太くて色素が濃いという特徴を持っていますので、光やレーザーが反応しやすく、他の部位よりも脱毛効果が現れやすいと考えられています。
つまり、顔脱毛よりも短い期間で脱毛を完了させることができる可能性が高いということです。
また、体毛の生え方には個人差がありますので、もともと体毛が薄い方よりも、濃い方のほうが長い脱毛機関を要します。
これらを考え合わせると、体毛の色素が濃い部分では1回目の照射で脱毛効果が現れることがあるが、うぶ毛のように色素が薄いムダ毛の場合では、1回目の照射で脱毛効果を実感できる可能性は低いという結論に落ち着きます。

■脱毛と毛周期について
脱毛は毛周期に合わせて行われます。
脱毛を開始すると、1回目の照射から2回目の照射までは、少なくとも2週間程度の期間を開けますが、これは退行期や休止期にある毛穴でムダ毛が成長し、休止期を迎えるまで待つためです。
そして、1回目の照射でたまたま成長期のムダ毛が多かった場合では、1回目の照射で脱毛効果が現れてくることも考えられます。
つまり、同時期に同じ部位の脱毛を開始したとしても、成長期のムダ毛が多かった方の場合では脱毛効果の現れ方が早く、退行期や休止期のムダ毛が多かった方の場合では、脱毛効果が現れるまでに時間がかかるということです。
1回目の脱毛を受けると、いつから脱毛が始まるのかとても楽しみになりますが、ムダ毛の抜け方は、照射を受けたときのムダ毛の状態や毛周期などの条件によって左右されますので、効果の現れ方にも個人差が生じます。
光脱毛やレーザー脱毛は、そもそも1回目の照射ではっきりとした脱毛効果を得ることができないという特徴を持っています。
1回目の照射を受けたのであれば、ムダ毛処理方法に注意を払いながら、落ち着いて次回の照射まで待ちましょう。

脱毛してから4か月後の状態とは?ムダ毛はどれくらい減っている?

脱毛を行い、スベスベな肌を夢見ている女性はたくさんいらっしゃいますが、どのくらいの期間でムダ毛がなくなるかご存知ですか?

さすがにたった1回の脱毛でムダ毛がなくなると勘違いされる方は減りましたが、なかなか、はっきりいつになったら綺麗な肌を手に入れることが出きるのか分かっていない人は多いです。

そこで今回は、脱毛を開始してから4ヶ月後のムダ毛の状態がどのようなものなのかお話ししたいと思います。
ムダ毛がなくなる期間の目安として、参考にしてみてください。

■光脱毛とレーザー脱毛
実は脱毛期間は脱毛の種類によっても違いがあります。
主な脱毛方法としては脱毛サロンで行われる光脱毛と、クリニックや病院などの医療機関で行われるレーザー脱毛に分かれます。

光脱毛の場合、脱毛完了までにかかる期間は約2年間と言われています。
レーザー脱毛は光脱毛よりも短く、約1年間で脱毛を完了させることができます。
これらの期間は、ムダ毛の濃さによって多少は違いはありますが、一般的な期間は上記の期間となります。

脱毛期間に違いがあるのは、脱毛方法の違いと出力の強さに関係しています。

できるだけ早くスベスベな肌を手に入れたいのであれば、後者のレーザー脱毛で行うことをおすすめします。

■4か月後のムダ毛状況とは
まず光脱毛における4ヶ月後のムダ毛の状態と言うのは、まだまだムダ毛が生えている状態です。
ムダ毛を効果的に無くすためには、毛の周期を考慮する必要があるため、脱毛間隔を空けなければなりません。
そのため、1回目と2回目の脱毛間隔を2ヶ月空けた場合、4ヶ月目と言うのはまだ2回しか脱毛が終わっていない状況となります。

光脱毛2回目というのは、ムダ毛がはえてくるので、まだまだ自己処理が必要です。
中には毛の薄い人は、指でムダ毛を引っ張るとスルスル抜ける程度にはなっている人もいますが、一般的な濃さの人は脱毛完了までに、さらに通い続ける必要があります。

一方でレーザー脱毛の場合、同じように脱毛間隔を2ヶ月空けてからの4か月目というは、光脱毛と同じくレーザー脱毛2回目となります。
しかし、光脱毛と違ってレーザー脱毛2回目は、ムダ毛が生えづらくなってきている状態になります。
薄い人であれば、自己処理も不要になってくる頃です。
脱毛前のようにムダ毛がボーボーに生えてくるというのは、全体的に少なくなりますので、もう少し脱毛を繰り返すことで、自己処理が不要になるほどムダ毛が薄くなってきます。

このように同じ4ヶ月目だとしても、ムダ毛の状態は大きく変わります。
自分がどんな風に脱毛したいのか、早くムダ毛をなくしたいのであればレーザー脱毛を、時間はかかっても肌になるべく負担をかけずに脱毛を行いたいのであれば光脱毛を選択するといいでしょう。

あくまでムダ毛のなくなるスピードは個人差がありますので、こちらで紹介した4か月目の状態は参考までにしてください。