全身脱毛と察し

あまり他人とお風呂に行きたくないとか、肌を晒したくないとかいう人に、なぜかとしつこく理由を求めるのはマナー違反であると、どうして世間一般では認知されていないのか理解に苦しむばかりである。
だって、冷静に考えてみれば、そういうことになるのではないだろうか。
そうしたくないというからには、それ相応の理由があるものであって、それを自分から語り出さないということは、それには触れてほしくないということは簡単に類推できるものだと思うのだけれど、違うのかな。
確かに悩みというのは、その人にしかわからない部分もあるかもしれないけれど、私が肌を晒そうとしないのには肌に何かがあるからであって、それを窺い知ることならいくらでもできるはずである。
本当は私だって全身脱毛なり、それができないなら部分脱毛なりを受けてきれいさっぱりした身体になりたいと思っているけれど、現実としてそれが叶いそうもないから、今困っているのである。
最終的に、私が言いたいのは、私の身体のこのムダ毛の濃さを誰かどうにかしてくれないものかということだ。